たるみを解消できるリフトアップを行って自信を取り戻そう

クマに隠された病気

目元

目のクマは寝不足などが原因で引き起こされると世間一般では思われていますが、実際は何らかの病気のサインである可能性も含んでいます。20代や30代でも発生することが多い目のクマで、青クマがあります。この青クマの主な原因は血行不良と言われています。目の下にある皮膚はとても薄くなっています。また、目の周りには多くの毛細血管が集中しており、そこで血行不良が起こってしまうと黒ずんだ血液がまぶたの薄い皮膚を通して青っぽく見えてしまいます。これが青クマの正体となっており、病気によって発生する目のクマも大体が血行不良が原因になります。

目のクマには重大な病気が隠れている場合もあります。症状で目のクマが発生してしまうことがある病気を確認してみましょう。はじめに鉄欠乏症貧血があります。赤血球の中になるヘモグロビンの量が減少してしまうと、貧血が起こってしまいます。このヘモグロビンを生成するためには鉄分が必要になっていきますが、この鉄分が不足してしまうと発生する貧血が鉄欠乏性貧血になります、貧血になってしまうと結構も悪くなるので、赤黒い色をした還元ヘモグロビンが停滞して、目の下に青クマが出来てしまいます。解消法として、鉄分の多い食事を摂取するように心がけることが重要になります。また、鉄分が配合されているサプリも活用するとより効率的に鉄分を摂取できるでしょう。なお、もし症状がひどい場合は医療機関に行って医師に受診してもらい内服薬を処方してもらう手段もあります。な何か病気が隠れていないか目のクマにも注目をしてみましょう。