たるみを解消できるリフトアップを行って自信を取り戻そう

乳房再建のメリット

バスト

女性だと乳がんの治療で乳房を全摘出してしまうことも珍しくありません。全摘出してしまうと、片方の胸が失われてしまうことから日常の生活に色々な支障が現れることもあります。もちろん摘出した人も精神的なショックも非常に大きなものとあるでしょう。そんな問題を解決するため乳房再建を行なう方法があります、失われた乳房を人工的に再建を行なう手術のことで、この乳房再建があるおかげで多くの乳がん患者さんが身体的と精神的の両方で救われています。乳房再建には再建する時期や再建の方法でいくつかの種類が存在しています。

まず乳房再建には行なう時期によって一期再建と二期再建の2つがあります。乳房の摘出手術と同じタイミングで受けるのが一期再建で、手術から時間が経ってから受けるのが二期再建になります。一期再建を行なうメリットとして、患者さんの精神的ダメージが少ないことが挙げられます。乳がんの摘出手術と同時期に行いますので、自分の胸がなくなった状態を見ることはありません。なお、最近の技術は格段に進歩しており傷跡が落ち着けば、見た目は人工乳房だと気づきません。次に身体面と費用面の負担も少ないのもメリットの1つでしょう。二期再建のメリットは、再建する乳房についてゆっくりと考えられる時間があることです。二期再建では手術から大体半年~1年ほどたって傷跡が落ち着いた段階で受けます。その間、理想の乳房を考える時間がたくさんありますよ。また、再発の心配をする必要もありません。そのため安心して二期再建を行なえることもメリットになります。胸は女性にとって非常に重要な部位になります。乳房再建ではもう一度乳房を取り戻してみることが可能です。